ランキング、掲示板、コラム、釣具店、管理釣り場等コンテンツ満載!、釣り情報ポータルサイト Fish/up!

釣りコラム

ソルトゲーム・タックル選びのポイント

港湾シーバスにおけるタックル選び

2005.12.17 掲載
TEAM DREAMER 会長
藤田千明

シーバスは淡水域のブラックバスと並ぶゲームフィッシングの雄であることは皆さんもご存知でしょう。また港湾域で手軽にビックゲームが楽しめることでも人気の高い対象魚です。今回のコラムでは東京・大阪・神戸など大都市近郊の港湾ではなく、日本海側の小さな港町をターゲットにすることが多い私の『港湾シーバスにおけるタックル選び』についてお話させて頂きます。

私の町の港湾部は常夜灯エリア、湾内の定期船桟橋、道路沿いの石積み(ゴロタ)、若干のストラクチャー部などからなり、数十投して反応がなければ即座に移動する、いわゆる「ランガンゲーム」でフィールドを探り歩きます。狙うポイントは、護岸の際、バースのポール際、常夜灯周辺の明暗の境目、石積み場(ゴロタ)の岸から最短距離にあるブレイクなどのピンスポットです。従って、ロッドに関しては遠投性の必要は殆どありませんので、移動の軽快さを含めて7.6-9フィートのロッドが適しています。通常の場合は、水面からの高さや遠投性の程度によってロッドの長さを選択するのがベストでしょう。私の場合は、DAIKOのアルテサーノ86Lとフェルザス90LSをメインにしています。9-12cm前後のミノーや1オンスまでのバイブレーション及びテイルスピンジグを、狙ったポイントへ正確にキャストでき、不意の大物にも強靭なバットで対応できることが選択の決め手です。

また私の通う港湾では60-75cmがアベレージですが、時々(めったにないですが)ランカーサイズもヒットしますので、汎用性の高いロッドを選ぶようにもしています。小型の軽量ミノーを飛ばすにはソフトティップの柔軟なロッドが適していますが、大型には不安があります。逆に、ガチガチのハイパワーロッドでは小型ルアーの飛距離は落ち、繊細なアタリの伝導も鈍くなりますから、その両者を兼ね備えたものが望まれるわけです。

これらのレングスのロッドに装着するリールはステラAR3000(シマノ)やセルテート3000(ダイワ)がバランス的に適しています。ラインは感度重視でバークレー社製のファイアーラインやウィップラッシュなどPE系の16-25ポンドを使用しています。やや太すぎる感もありますが、掛けた獲物をより確実に獲りたいのでこの太さを使用しています。

次にルアーですが、オスプレイ9cm(OPCELL)をパイロット的に愛用しています。シャロー攻略SS(スーパーシャロー)からスローシンキング、ファストシンキング、さらにはウォブリング系からローリング系まで幅広くラインナップされているので、ポイント毎に各タイプをチョイスしています。

ベイトが大きい場合はオスプレイの兄貴分、ファルコン128の出番となります。これらボーグ兄弟には「フッキング後にフックがボディーから離脱し、2本のフックでガッチリとクラッチフッキングすることでバラシ率を大幅に低減できる」という利点があるので信頼度満点です。ベイトがサヨリや小イワシの場合は、細身のAREA10が活躍します。見た目以上に軽快によく飛ぶ3フックルアーです。反応がボトム層にしかなさそうな場合は水平に近いスイミング姿勢のバイブレーションRESINやAREA BaySpin(パブリックルアーズ)で広く探り、タフコンディション下ではロゴス(ジャクソン)による水平ローリングフォールを利用したリトリーブしながらのリフト&フォールが効きますね。

潮止まり前後を狙えば高確率で釣果を得られる港湾シーバスは実に魅力的です。港湾といえども万一に備え、ライフジャケットを着用して安全に釣りを楽しんで下さい。

今回紹介したタックル

執筆者紹介:
藤田千明(TEAM DREAMER 会長)
(ふじたちあき)。京都府舞鶴市在住。25歳からルアーフィッシングに魅了され、96年にTEAM DREAMERを結成。陸っぱりシーバスのみならず、エギング、メバリング、オフショア青物ジギング、ボートシーバスなどルアーで釣れる物には節操なく楽しんでいる。01年5月末にはホームページ『舞鶴LFネット』を開設。広く情報交換しながらマイペースな釣りを楽しんでいる。

Fish/up!釣りサイト登録
HPがなくても登録OK。Fish/up!ご利用登録
Fish/up!モバイルQRコード
Fish/up!携帯サイト
GPS付き携帯で最寄の釣具店地図をゲット!
[ 広告 ]

HPランキングTOP3

釣り掲示板新着投稿

守谷市(まちの情報ポータル) 無料アンケートレンタルjpForm.net