ランキング、掲示板、コラム、釣具店、管理釣り場等コンテンツ満載!、釣り情報ポータルサイト Fish/up!

Fishingレポート

藤田千明のフィッシングレポート

久しぶりのオフショア・ジギング

2009.05.19 掲載
TEAM DREAMER 会長
藤田千明

ゴールデンウイークから舞鶴沖でブリ・メジロ・ハマチが絶好調との情報にうずうずしながら海に出られない日々を過ごしていましたが、何とかスケジュールが確保でき、5月10日にTEAM DREAMERのチームメイトと共に約1年ぶりのオフショアジギングに行ってきました。

天気は快晴、絶好の釣り日和です。青空が出るとアングラーの気分も一層高まり、気分も最高です。心配なのは、約1年のブランク故、元気に丸一日ジグをシャクルことができるかどうか、ということですね。年齢的にも50手前なものですから、尚更です。

そんな体力的な心配もあり、自宅から5分の港(東舞鶴港・前島埠頭)から出船しているスーパーコーリンさんにお世話になりました。出船の30分前の7:30に集合。チームメイトと合流し、釣り座の抽選を早々に済ませて乗船。すぐさまタックルのセッティングに取り掛かりました。ロッドはハリマオHS56/06と、同HS58/04、それにインチク用ベイトロッドをセット。ハリマオは製造終了になってしまいましたが、私にとっては常に最も頼りになる愛竿で、今でも手放せません。バットは非常に強靭でありながらティップは柔軟で、非常に食い込みがいいですし、ジグを適度にアクションさせ、はじき過ぎることのない絶妙なバランスもつロッドです。余談ですが、個人的には製造終了の理由が未だに理解できません。今日も頑張ってくれることでしょう。ラインはジグマン8(よつあみ)を、HS56/06には4号、HS58/04には3号を巻き、万全の態勢です。ファーストチョイスのジグは、ポイントの水深が不明なのと、潮がかなりいっていそうなので、ステイ135g赤金(シャウト)とソーリー180gシルバーメタリック(ガイア)。体力温存用のセミロングと、勝負のロングジグというわけです。さあ、いよいよ出船です。

船は私の予想通り、舞鶴湾沖真正面に位置し、オオミズナギドリの生息地で名高い冠島へ向かいました。私の予想では、冠島(雄島)の西側の60mラインでしたが、船は予想外の、遥か北西の90mラインのポイントに入りました。体力的な小手試しにステイよりも引き抵抗の少ないハオリLONG130gに急いでチェンジして、第一投に入りました。一流し目で、トモと右舷ミヨシでハマチのヒット。左舷ミヨシから2番目、3番目に入った私とチームメイトには、残念ながらノーヒット。それよりも、3回の投入で、早くも腕が悲鳴を上げる始末です。(いやはや情けないです…)

ポイントを小移動しながら1時間半ほど経った10:25、やっと私のジグに懐かしい感触のヒットが来ました。水深69mのボトムから3シャクリ目で元気なハマチがヒットしてくれたのです。いい感触です。それから15分後に、今度はジグをシフトアップしかけた水面から15m程のところでの思わぬヒットでした。正直言って、これはノーアクションでした。

「さあ、これからだ!」と思ったのも束の間、アタリが途絶え、大型青物で人気の白石漁礁へ30分近くかかって移動しました。あちこち反応を探して船長が船を回してくれますが、今日の海況は思わしくありません。期待の大鳥山の姿もありません。100m前後の水深を何とかシャクリながらも、やはり、長いブランクのあった私には体力的に厳し過ぎたのでしょう。無意識のうちにロッドを船縁に立てて昼食をとっていました。トモの方ではヒラメの70cm級が上がっていました。

13:30、不調のポイントに見切りをつけ、元のポイントへ戻ることになりました。これが大正解!。15:00を回ったころからハマチのヒットが連発するようになってきました。私もハマチを立て続けに6尾釣りあげ、調子が出て来ました。ロングジグのソーリー180gでの高速リトリーブ+ポーズ数秒+ふわ~フワ~のセットの繰り返しパターンが的中し、フワ~の直後にヒットが集中しました。パターンを掴むまで、あの手この手と試すことはやはり大切ですね。

船が小移動し、ドテラ流しに入って間もなく、ソーリー180gに先程までよりも大きなアタリです。ファイトの重量感もあり、内心ではメジロ?って期待してしまいましたが、ファイトを続けるうちにこれまでの経験から体が覚えていたメジロのファイトとは違うことが感じられました。リーダーに入り、期待と不安に包まれながら巻き上げると、長い魚影が見えて来ました。何と95cm程のサワラでした。この時期には少々珍しい魚をキャッチ。美味しいお土産が確保できました。

その後、ハマチを少々追加したところで、「お疲れさまでした~」のアナウンス。「今日はゴールデンウイーク以来、最低の結果で、申しあけありません」と、船長からお詫びの言葉を頂戴しましたが、長いブランク明けの私には、サイズも数も丁度良かったです。感覚も少し取り戻せたので、次回は釣果アップを目指して一層のチャレンジをしたいと思っています。

久しぶりの楽しい一日を過ごさせて頂きました。船長、同船のみなさん、ありがとうございました。

今日のタックル

レポーター紹介:
藤田千明(TEAM DREAMER 会長)
(ふじたちあき)。「岸壁の母」で知られる、京都府舞鶴市在住。海と共に育ち、幼少の頃から釣りに勤しみ、25歳の時にルアー・シーバスに開眼。36歳の時にはオフショア青物ジギングに魅了され、現在では、シーバス、青物、ロックフィッシュ、イカ、チヌ、などなどオールラウンドな釣りを自由気侭に楽しんでます。1996年にルアーフィッシングチーム『TEAM DREAMER』を結成、2001年にはウェブサイト『舞鶴LFネット』を開設。釣りを通して多くの方々との出会いを満喫させていただいているアングラーです。

Fish/up!釣りサイト登録
HPがなくても登録OK。Fish/up!ご利用登録
Fish/up!モバイルQRコード
Fish/up!携帯サイト
GPS付き携帯で最寄の釣具店地図をゲット!
[ 広告 ]

HPランキングTOP3

釣り掲示板新着投稿

守谷市(まちの情報ポータル) 無料アンケートレンタルjpForm.net